徳島の記事がめっちゃ途中になっているので書き込んでみよう!
前回の記事はこちらからどうぞ
久しぶりなんで私も読まなきゃどこまで書いたか覚えとらん・・・

人気記事です。ライブホールや近辺の情報あり☆
(^-^)⊃アスティとくしまへの行き方と、座席、近辺の喫茶店について

(^-^)⊃徳島移動一日目☆大移動
(^-^)⊃徳島の祖谷のかずら端に泊まりそこねた件
(^-^)⊃徳島到着!
(^-^)⊃神戸三宮から高速バスで徳島へ

神戸から高速バスで徳島に入って夕方着
夕飯食べるとこ探して三千里
二日目夜ライブ・・・・・の前に!!
私は夜のライブの前に結構みっちり徳島観光をしたの思い出した!

そうそう、徳島どこか観光するところないかなあと事前に探してたんだけど
渦潮とかあんま興味ないしかずら橋行くには遠すぎるし・・・

てことでロープウェイで朝から眉山に上ることにした
ホテルは駅から眉山方向に10分くらい歩いたところでロープウェイもすぐ近く
上から見た景色

imageimage









けっこうのぼったなあ
で、事前に眉山をいろいろ調べてたら
どうやら下りは自力でも下りれるっぽい・・・
実際徒歩で降りた人のブログのお写真を見ていると
まあかなり険しいけど登山の経験がない男性の足で20分程とのこと

登山ほどではないけどピクニック気分じゃあ痛い目見るぜ、的な感想でしたw

画像だと傾斜度わかんないけどどうも以前登って降りた京都の鞍馬山みたいな感じかなあ

木の根が土の表面にぼこぼこ出て足を取られる感じ

で、ロープウェイ乗り場のお姉さんに聞いてみた
歩いて下りれそう?
お姉さんは写真を何枚も見せて下りれるとは思うけどこんな感じですよ、かなり険しいですよ、と忠告してくれます
30分くらい?
ええ、それくらいですね

敢行~!( ´∀` )ノ

眉山の上から見た景色はまあきれいだったけど
私の用は上に上ることではないのだあ
下に下りることなのだあ
下りるために上るのだあ

しかし受付で山のマップはもらえたんだけど降り口が載ってないのでしっかり確認が必要です
紛らわしい道が結構あるので、そこを間違えたら、駅側のロープウェイ入口とは逆方向に下りてしまうそうな

まあ下に下りれれば問題はないけれどさ
ここで道を語りたいけどもう記憶が確かではないので間違えた情報を載せたら大変なのでお写真だけ

確か上の展望広場から神社方面に向かうのよ
で、神社の横あたりの小さな道を右に下りて行ったはず

電気の塔まで行ったら行き過ぎて反対側に下りちゃうから気を付けて、ってロープウェイの係りのおじさんか登山のおじさんか誰かに教えてもらった
image

多分この辺が神社のわきの道
この辺はまだ砂利道でそんな険しくない
鳥のさえずりが気持ちいい~(#^.^#)

image

まだまだこんな感じ
うん、まだ大丈夫

image

ちょっとこのあたりから木の根がごつごつとしてきたなあ
思いのほか足を取られるかも

image

多分この辺から傾斜がやばくなってきた
木や枝をつかまりながら歩かないと落っこちそうになりそう
ライブ前に足くじいたらどうするんだーー!
ライブがメインなのに本末転倒!!

image

とにかく傾斜がやばいことを表現するにはどうしたらいいだろうと自分の足も一緒に撮影してみる
画像だと傾斜がわかりづらいけど多分この辺からが傾斜のピーク

image

ほんと山伏の気分を味わいたい、なんて思っていたんですよ
徳島、というか四国といえばお遍路だし
徳島の観光といえば山の中歩くことでしょ?!としか思いつかなかった私

いや、間違いないっす、私徳島をめっちゃ満喫したと思います
眉山の空気に触れることができてよかった

そしてこんな険しい木の根の道を下から登ってくるガチな方たちが・・・・!
こんな傾斜を登るのかあ
大変だなあ
なんてお水飲みながら休憩する私

image

こんな感じ
最初の写真からここまでゆっくり下りて休みつつで20分くらい

image

それから2~3分でロープウェイの真下の開けたところに出ます

image

下から見るロープウェイも面白い

ここから10分くらいで登山口みたいなマラソンコースみたいなところに出て
おじさまおばさまたちの健康歩きグループなどに遭遇

そこから確か階段を下りて5分くらいで下界?に到着

ほんとにゆっくりゆっくり写真を撮りつつ休みつつで私は40分ほどかかりましたのでご参考までに・・・

結論
スニーカーであれば楽しめると思います
けど結構膝にくるかなあ
あと虫に刺された(´;ω;`)
長袖必要は山に入るなら当たり前かあ

自力で下りる方お気をつけて
看板は一切ないのでしっかり確認を

楽しかったよ(^-^)♪



スポンサーリンク